--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Posted at --:--

category | スポンサー広告
tags |

|

↑page top

2014.10.25

船の話その1-2014年9月NYCの旅:8-

今回のNYはBWでの観劇が目的でしたが少しだけいわゆる観光もしました。

行ったのは
・チェルシーのミートパッキングディストリクト
・エンパイア・ステイト・ビルディング
・トップ・オブ・ザ・ロック
・自由の女神(船から見るだけ)
・ブルックリンブリッジ(歩いて渡った)
・ブルックリンのダンボ地区をほんのちょっと
・セントラルパークのほんの一部
と、NY観光の王道中の王道をほんの少しだけ。

行ったところは珍しくもなんともないのですが移動手段がちと珍しい?
2回ほど船に乗りまして、どちらもいわゆる観光用のフェリーではありませんでした。
ガイドブックにも一応掲載されていますが観光客はあまり利用しないと思われるので
もし乗りたいという方がいらしたら参考になる…といいなぁと思いつつメモ的記録を残しておきます。

1.スタテン・アイランド・フェリー(日本語wikiオフィシャルサイト?

こちらはそれなりに有名でしょうか?
「無料で自由の女神が見たい!」という方にお勧めのフェリーです。
その名の通り、スタテン島とマンハッタンを結んでいます。
通勤通学のための生活の足としてフェリーで「無料」で乗れます。
以前は有料だったらしいのですが住民運動で無料になったとか。
ちなみに24時間運行。

マンハッタンの乗り場は地下鉄1ライン南下の終点・サウスフェリー駅(South Ferry st.)の出口の目の前。
階段をあがるとどーんと船の乗り場の建物(でっかい看板があるので一目瞭然)が見えます。
写真があればわかりやすいのですが撮ってないんですよねスミマセン
…私たちは出口を間違えてバッテリーパーク方面の階段を上がってしまいました…^^;
が!そんなときはくるっと左側を向いてください!
どーんとフェリー乗り場の建物が見える!はずです!

入り口を入るとエスカレーターを上り…
改札の跡と思われるようなレーンの間を通り…
あとは船が到着するのを待つだけ♪
ぼーっと(でなくてもよいですが)待っているとオレンジ色のどデカイ船がやってきます。
定員数調べてないけれど青函連絡船くらいのデカさじゃないかと思いました。
船体の横ではなくて真正面が乗り口(=降り口)になっているのですが
正面から見てもデカイんだこれが。
ちょっと「口あんぐり」なので機会があったらぜひ実物をご覧くださいませ。

自由の女神に近い航路をゆくのはマンハッタン→スタテン島の往路です。
なので自由の女神を見たい場合は右側の甲板に居座りましょう。
その代わりといってはなんですがスタテン島→マンハッタンの復路では
「往路のフェリーと自由の女神」の2ショットがカメラに収められます。
あと、往路ではどうしても自由の女神に気が向いてしまいますが
復路では船の先頭(往路では一番後ろ)にいると「段々と迫ってくるロウアーマンハッタン」を眺めることができます。
「あぁマンハッタンを眺めているんだなぁ」とちょっとした感慨に浸ったり。
大して光景は変化しないのについつい何回もシャッターを切ってしまいます。

自由の女神が目的なら当然昼間の便がいいですが
ロウアーマンハッタンの夕暮れや夜景が目的なら夕方~夜の便でもいいのかも?
でも安全性がわからないのでそのあたりの情報は要確認!です。

ちなみに往路の船にそのまま乗り続けて復路につく…というのはどうやらできないようです。
そして降りた船にまた乗るというのもできない…ということになっています。
これは降り場と乗り場が離れているため時間的に難しいということのようですが
真っ先に降りてだぁーーーっと駆けていけば乗船できるのではないか…とひそかに思っています。
でもこれ以外の理由でダメなのかもしれず…なのでなんともかんとも。


とにかく降りた船に乗れないとなると次の船が到着するまで待ち時間ができます。
スタテン島の乗り場からも地下鉄(かどうかはわからないけれど電車)に繋がっているようでちょっと乗ってみたかったな。

お腹が空いていたので待ち時間でホットドッグを買ったのですが売店のおじさんが優しくて面白かったです。
この売店に限らずですがNYってお店の店員さんがフレンドリーに話しかけてくる率高い気がします。


えっと長くなったのでもうひとつの船の話は次回に続くということで…
スポンサーサイト

2014.10.15

しばらくおとなしく…

この夏の私は思いきり「海外ミュージカル祭り」でした。
興味をもったタイミングがよかったのか悪かったのか
いろんな情報が一気に飛び込んできて一気にテンションあがりました。
MMSが終わってやっと落ち着いた感じです。

勢いにのっていたとはいえよくまぁBWまで行ったなぁ…と
あきれつつも自分の行動力をほほえましく(???)思い返したりしますが
ちょっと見方を変えるとですね
他のことはすべて放っておいた(・∀・)
という厳然たる事実がそこにあるわけでして

一段落ついたから現実に目をむけましょうね(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
という自分の中の理性らしきものに説教をくらっている10月です。

ブログなんか立ち上げたくせに
文章を書くのが下手でひとつの記事を書き上げるのに時間もかかるので
しばらくは更新ペースは今まで以上に緩やかにいこうと思ってます…
NY旅行記とかも風化する前に書かなきゃなぁと思いつつもう風化しかけているような。
でものんびりとひっそりと更新したりしてるかもしれないのでよろしくです(^^)v

Posted at 15:21

category | about me
tags |

| COMMENTS(4) |

↑page top

2014.10.11

恐れていたことが…

大げさなタイトルですがたいしたことじゃないです。
あくまで個人的なことです。

でもB'zファンでかつビーパ会員の方は
今回の会報がお手元に届くまでは続きを見ないでください。
思いきりネタバレです。


そんなヒトがこのブログにくるとは思えないですが…一応ね。

続きを読む


Posted at 21:13

category | B'z
tags | B'z ライブ

| COMMENTS(2) |

↑page top

2014.10.08

舞妓はレディ

観てきました!

公式サイト

ミュージカル映画!と思って見ると…
歌のレッスンを積んだ役者さんばかりじゃないので上手下手はあまり気にはならなかったのですが
歌への入り方が唐突な印象が強くて、多分、ミュージカルが嫌いなヒトには
「なんでそこでいきなり歌いだすのかわからない」と言われてしまうんだろうな…という感じです。
でもそれを引いても私は好きな作品でした。

主役の上白石萌音ちゃんの歌声、澄んでいて美しかったですよ~
彼女が歌いだすとぐっと心がもっていかれる感じがありました。
外見も素朴さの残るかわいらしさで主役の春子にぴったり。
さすが周防監督に
「実現まで20年もかかったのは、主役の少女を待つためだったのではないかと、都合の良い宣伝文句のようではあるけれど、心の底から思わずにはいられない」(公式サイトより)
と言わしめた役者さん。
彼女の歌声はもっと聴いてみたいです。
ミュージカルの道に進むのかな。
進んでほしいな。

センセ役の長谷川博己さんは歌は…まぁ…^^;
でも私は長谷川さん自身が好きなんですよね。
コミカルな役も陰のある役もステキに演じてくれる役者さんなのでそれだけでいいです♪(をい)
だって歌っている時の表情とかものすごくかわいいのよ(〃▽〃)

センセと春子が「京都盆地に雨が降る」を一緒に歌っているシーン(春子の訛りが直ってからのシーン)が一番好きかも。

あと、この作品は脇を固める役者さんがみんなよかったと思います。
中でも女将役の富司純子さんと踊りの師匠役の中村久美さんが着物姿も所作もきりりと美しくて見ほれました。
着物の着こなしもよかったなぁ。
そしてみんないい着物を着てるんだよねぇ。

女将が自分の昔話を春子に語って聞かせる回想シーンがあるのですがそのシーンもお気に入りのひとつ。
ここにちょっとだけ妻夫木聡さんも出てきます。贅沢w


見終わってにっこりほっこりの映画でした。

観客はお年を召した方が多かった印象。
やはり「マイフェアレディ」へのオマージュ作品だからかな?
私も久しぶりに「マイフェアレディ」見たくなりました^^

Posted at 23:14

category | musicals/performances/movies
tags |

| COMMENTS(2) |

↑page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。