--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Posted at --:--

category | スポンサー広告
tags |

|

↑page top

2014.10.25

船の話その1-2014年9月NYCの旅:8-

今回のNYはBWでの観劇が目的でしたが少しだけいわゆる観光もしました。

行ったのは
・チェルシーのミートパッキングディストリクト
・エンパイア・ステイト・ビルディング
・トップ・オブ・ザ・ロック
・自由の女神(船から見るだけ)
・ブルックリンブリッジ(歩いて渡った)
・ブルックリンのダンボ地区をほんのちょっと
・セントラルパークのほんの一部
と、NY観光の王道中の王道をほんの少しだけ。

行ったところは珍しくもなんともないのですが移動手段がちと珍しい?
2回ほど船に乗りまして、どちらもいわゆる観光用のフェリーではありませんでした。
ガイドブックにも一応掲載されていますが観光客はあまり利用しないと思われるので
もし乗りたいという方がいらしたら参考になる…といいなぁと思いつつメモ的記録を残しておきます。

1.スタテン・アイランド・フェリー(日本語wikiオフィシャルサイト?

こちらはそれなりに有名でしょうか?
「無料で自由の女神が見たい!」という方にお勧めのフェリーです。
その名の通り、スタテン島とマンハッタンを結んでいます。
通勤通学のための生活の足としてフェリーで「無料」で乗れます。
以前は有料だったらしいのですが住民運動で無料になったとか。
ちなみに24時間運行。

マンハッタンの乗り場は地下鉄1ライン南下の終点・サウスフェリー駅(South Ferry st.)の出口の目の前。
階段をあがるとどーんと船の乗り場の建物(でっかい看板があるので一目瞭然)が見えます。
写真があればわかりやすいのですが撮ってないんですよねスミマセン
…私たちは出口を間違えてバッテリーパーク方面の階段を上がってしまいました…^^;
が!そんなときはくるっと左側を向いてください!
どーんとフェリー乗り場の建物が見える!はずです!

入り口を入るとエスカレーターを上り…
改札の跡と思われるようなレーンの間を通り…
あとは船が到着するのを待つだけ♪
ぼーっと(でなくてもよいですが)待っているとオレンジ色のどデカイ船がやってきます。
定員数調べてないけれど青函連絡船くらいのデカさじゃないかと思いました。
船体の横ではなくて真正面が乗り口(=降り口)になっているのですが
正面から見てもデカイんだこれが。
ちょっと「口あんぐり」なので機会があったらぜひ実物をご覧くださいませ。

自由の女神に近い航路をゆくのはマンハッタン→スタテン島の往路です。
なので自由の女神を見たい場合は右側の甲板に居座りましょう。
その代わりといってはなんですがスタテン島→マンハッタンの復路では
「往路のフェリーと自由の女神」の2ショットがカメラに収められます。
あと、往路ではどうしても自由の女神に気が向いてしまいますが
復路では船の先頭(往路では一番後ろ)にいると「段々と迫ってくるロウアーマンハッタン」を眺めることができます。
「あぁマンハッタンを眺めているんだなぁ」とちょっとした感慨に浸ったり。
大して光景は変化しないのについつい何回もシャッターを切ってしまいます。

自由の女神が目的なら当然昼間の便がいいですが
ロウアーマンハッタンの夕暮れや夜景が目的なら夕方~夜の便でもいいのかも?
でも安全性がわからないのでそのあたりの情報は要確認!です。

ちなみに往路の船にそのまま乗り続けて復路につく…というのはどうやらできないようです。
そして降りた船にまた乗るというのもできない…ということになっています。
これは降り場と乗り場が離れているため時間的に難しいということのようですが
真っ先に降りてだぁーーーっと駆けていけば乗船できるのではないか…とひそかに思っています。
でもこれ以外の理由でダメなのかもしれず…なのでなんともかんとも。


とにかく降りた船に乗れないとなると次の船が到着するまで待ち時間ができます。
スタテン島の乗り場からも地下鉄(かどうかはわからないけれど電車)に繋がっているようでちょっと乗ってみたかったな。

お腹が空いていたので待ち時間でホットドッグを買ったのですが売店のおじさんが優しくて面白かったです。
この売店に限らずですがNYってお店の店員さんがフレンドリーに話しかけてくる率高い気がします。


えっと長くなったのでもうひとつの船の話は次回に続くということで…
スポンサーサイト

2014.09.27

ペン・ステーションの話-2014年9月NYCの旅:7-

空港を出たらいざマンハッタンへ!

NYに行ったのは今回で2回目です。
初めて行ったのは2年前。

2年前はアムトラック(Amtrack)でNYに移動しました。
今回はロングアイランドレイルロード(LIRR)でマンハッタンに入りました。

どちらもNYの終着駅はペン・ステーション(Penn Station)です。

JFK空港からバス・シャトルバス・タクシーを使ってマンハッタン入りするのが一般的かつわかりやすいルートだと思うのですが
期せずして(今回は期しましたがw)私は2回とも電車派となりました。

車で橋を渡ってマンハッタンに入ると感激するのだろうなぁ…
一度くらいこれでマンハッタンに渡ってみようかなぁ…
という気もするのですが
2回もペン・ステーションを使うとなんだか愛着が沸いてきます♪

ペン・ステーションでマンハッタン入りしてよかったなと思うことは
地上に出た時にどーんとエンパイアステートビルディングが目の前に見えること!です(≧▽≦)
エンパイアはペン・ステーションに近い 34th st で数ブロック先に立っていますので
恐らくかなりの好ポジションでその姿を拝むことができるはずです。
私は初めてエンパイアの姿を拝んだときに「あぁ!NYに来たんだ!」と一番感激しました。
今回ここでエンパイアを見たときは「帰ってきたぜ!」と住んだこともないのに叫びました(小声でw)。

また、マジソンスクエアガーデンに直結していますので
ここでのライブやイベントに参加される方にはめちゃくちゃ便利です。

ただ…この駅、とにかく広いんですよね(´△`;)
日本で言ったら東京→新宿駅、大阪→梅田(大阪)駅、レベルのだだっぴろさ&混雑っぷりです。
もちろん各種表示は出ていますが慣れない地で表示だけを頼りに目的の出口にたどり着くのはなかなか大変。

初めて上京した人がいきなり新宿駅で迷子になるとか(都民でも迷います。あと渋谷駅も迷います。)
久しぶりに大阪に行ったら梅田駅構内でさまよう羽目になるとか(この時は地元民と一緒だったんですが…)
そんな感じをイメージしていただければよいと思います。

私も行く前にペン・ステーションのエスカレーターの位置を確認したははずなのに
結局階段しかない出口に行ってしまったという間抜けっぷり(--)
帰りは前日に位置確認しておいてなんとかなりましたが
LIRRのホームに降りるエスカレーターまでは未確認だったという詰めの甘さよ…

あとは…
ペン・ステーションは 31st~34th st 間にありますので
上下10stくらいの場所(ミッドタウンの下の方)にホテルを取っている場合にはかなり便利な駅です。
ただ、アッパーイースト/ウエストにホテルを取っている方や
ミッドタウン内に泊まる場合でも荷物が多い方や体力を温存したい方は
ホテル最寄の駅まで地下鉄を使うかタクシーを使う方がお勧めです。
でもここからタクシーを使うなら空港から乗る方が便利ですね、きっと^^;
地下鉄の場合はエスカレーターやエレベーターは事前に確実に調べない限り乗れない覚悟をw

ちなみに私は 41st~42nd st 間のホテルで、地下鉄で42nd st の駅が最寄駅だったのですが
10~15分くらい歩くのに抵抗がなかったのと電車代節約と時間節約(すぐに電車がくるとは限らない)と
何よりこの街の雰囲気が好きなのでただ街を歩きたい!という気持ちが強くて
キャリーバッグをがらがらごろごろしながらホテルまで歩きました。

正直なところ…(って、ここから先、マイナスポイントばっかり(汗))
人は多いし、
道はでこぼごしてるし、
なんだか臭いし、
あちこちが工事中で至るところで道が狭くなってるし、
信号には1ブロックごとにつかまるし、
大荷物を抱えて歩いてもあまりいいことはありません^^;

でも、私はそんなところも含めてNYならOKじゃない?って思ってしまうのです。
こんな気持ちをわかってくださる方にならペンステルートはお勧めです♪


おまけ。ペンステのよいところをもうひとつ♪
原宿では大行列のポップコーン店ギャレット
酒々井と東京駅にも店舗ができたみたいですがやはりまだまだ混んでいるようで。
実はペン駅7th.av側入り口にこのギャレットがあるんですよ!
ほとんど並ばずに買えます!
機会があったらここでポップコーンを食べてみんなに自慢するとかいかがでしょう♪(根性悪)
場所はこちらでご確認を。


2014.09.25

JFK空港の話-2014年9月NYCの旅:6-

デルタ航空でJFK空港を使う場合のターミナルはterminal4。

JFK空港には全部で6のターミナルがあるのですが
このterminal4、空港とは別に!
ターミナルだけのウェブサイトがあります!

JFK空港全体のサイト(英語)
ターミナル4のサイト(英語)

《参考》
JALサイトのJFK案内:https://www.jal.co.jp/inter/airport/america/jfk/jfk_00.html
ANAサイトのJFK案内:http://www.ana.co.jp/int/airinfo/guide/jfk/airport.html

他のターミナルについてオリジナルサイトがあるかまではわかってないのですが…
もし「このターミナルもオリジナルサイトあるよ!」とご存知でしたらぜひ教えてください。

ターミナル4はずっと改装をしていて2013年にリニューアルオープンをしたようです。
多分JFKで一番新しいターミナル…のはず。
でも到着してから入国するまでの道のりの感想は「あんまり新しくないなぁ…^^;」でしたけれど。
帰り、つまり空港に着いてセキュリティを通って搭乗を待つまでのエリア、では「お!なんか新しい感じがするぞ(≧▽≦)」でした。

私はどれだけ免税価格になろうとも高級ブランドショップには縁がないのですが
そんな私でもテンションがあがるお店がちらほらちらほら。
自分の乗る飛行機の搭乗口までの途中にあるお店しかみませんでしたが
隅から隅まで見てまわろうとしたらかなりの時間を覚悟しておいた方がよさそうです。
逆にマンハッタンからの所要時間が読めなくて早く着いちゃってもこのターミナルなら時間つぶしには困らなそうです。

個人的に一番テンションがあがったのがこちら。
SHAKE SHACK
NYでもおいしいと評判のハンバーガーショップ。

マンハッタン内に支店が何店かあり、今回メインの滞在先であったタイムズスクエアにも店舗があります。
昼間~夕方~夜、と何回目の前を通っても、いっつも行列、行列、行列。
真夜中12時近く、閉店約5分前、に滑り込んで、なんとか7~8人待ちだったのです。
それでも店内はハンバーガーをほお張る人でいっぱいでした。
そんな真夜中にハンバーガー・チーズポテト・バニラシェイクを頼んだツワモノはここにいます( ̄^ ̄)

それなのにここではお昼なのに真夜中のタイムズスクエアと同じくらいの人しか並んでない…
なんだか嬉しくて思わずダブルバーガー頼みました。
もうこれだけの理由でJFKに来るときはデルタ航空にしてもいいと思うくらいです。
そして早いとこ日本進出してください。
待ってます♪
待ってますよ~~~(^0^)


あとほんの少しだけ「女子力あるんだぞ」っぽいことをおまけのように書いておきますと
キールズ(Kiehls)入ってます。
シャンプーとコンディションナーを買いました。
街中では全然こういうお店を確認しなかったので価格の差がどれほどのものかはわからないのですが
シャンプーとコンディショナー、あわせて35ドルぴったり。
消費税まで含めて考えれば日本の通販サイトと比べて800円くらいはお得だったかな?

ちなみに買ったその場では商品を渡してもらえません。
免税品だから確実に飛行機に乗る人にしか渡さないわよってことらしいです。
購入時に搭乗券の確認もされるのでちゃんと用意しておきましょう。
会計が済むと引換券をくれますのでそれを握り締めたまま搭乗口を過ぎてください。
搭乗口で引換券をドヤ顔で見せて「それはもっと先で受け取ってね~」と軽く流されたのは私です。
搭乗口の先~飛行機に乗るまでのどこかで大量の(かどうかはわからないけれど)免税品が並んだ一角に遭遇します。
そこで係の人に引換券を見せて商品を受け取ればOKです。

初めてだと色々と迷うよね…(〃△〃)

Posted at 20:45

category | Sep_2014_NYC
tags |

| COMMENTS(2) |

↑page top

2014.09.23

飛行機の話-2014年9月NYCの旅:5-

やっとNYに出発できる(´△`)

ここからは(ここからも)日記というよりは思いついたことをぽんぽんと…テンポ良くはいかないのでぽつぽつと投稿していきます。

あと、諸事情によりなかなか画像をUPできないのでしばらく文章だけです。
画像をUPできたらさりげなく入れておきますので気が向いたら確認してみてください。


飛行機。
今回はデルタ航空。
WEBでの口コミを見るとなかなかひどいこと言われていたのですが思った以上によかったです!

これまでに乗ったことのある日系・アジアエアラインでは
「びしっと美しい装いの女性CAさんがずらりと並んでいる」感があったのですが
デルタ航空は「30年くらいCAやってるわ♪」という風格のあるCAさんが何人もいらっしゃる。
でもお局様的な感じではなくて皆さんすごく魅力的なんですよ(*´`*)
年を重ねるごとに魅力は増していくものである、と体現してるような方ばかり。
アクセサリーもみんな自由につけていて、根拠もなく「あぁ。アメリカのエアラインだなぁ。」と。
男性CAも当たり前に食事を配ったりしていて、そこでも「あぁ。アメリカのエアラインだなぁ。」と。

成田-JFK便ですから、当然、日本語を話せるCAもいます。
あと、成田が中国への中継となるらしく中国語を話せるCAもいるようです。
(ちなみに機内アナウンスは英語・日本語・中国語。)
ただ、CAごとに担当する列が決まっているようでその列から外れた場合
英語を話すCAが色々とサービスをしてくれることになります。
でもあまり英語を話さなくても用は足りるような。
モノ(税関申告書・アイマスク・お水)を持って回ってくる場合は「please」と言って手を差し出せば足ります。
飲み物と食事は種類を聞き取れないとちょっと???かもしれませんが
座席ポケットに食事と飲み物のご案内の冊子が入っていますのでそれを見ておけばなんとかなります。
飲み物は座席が通路側なら実物を指差すのでも足ります。

数年前は成田-JFK便でも個人用ディスプレイがない便もあったようなのですが
確か去年あたりに全便個人用ディスプレイ搭載になったと何かで読んだ…はずです(--;)
映画もTV番組もゲームもプログラム盛りだくさんです。
12時間でも飽きないよ!

で、往復ともに何本か映画観たのですがちょっと不思議だったことが。
作品を選択する画面でめぼしい作品をいくつか選んで順番に時に睡眠をはさんで観ていくわけですが
帰りの機内ではじめにチェックしていた作品が
後から観ようとしたら消えている(@@)
たしかに数時間前にはあったのに…!
別に月替わりの日付変更線を越えたわけでもないのになぁ、とその時は???でしたが
もしかしたら機内での作品変更のタイミングだったのでしょうか?
観たい映画は早めに観ておきましょう。

遅延はありました。帰りの便でしたけれど。
これは仕方ないですね。
行きじゃなくてよかったなと思うばかりです。
待ち時間は2時間半。
この時間だけで「ビリー・エリオット」フルに見終わりました♪
飛行中だとどうしてもエンジン音が響きますが地上だと音楽もセリフもよく聴こえてよいですね♪

食事は…成田発の食事はおいしかったなぁ。
だけでいいですか?w

出発前に私が見たWEBの口コミでは遅延の多さと機内サービスについての批判が多かった気がします。
遅延についてはもう仕方ない。どのエアでも起きる時は起きる。
機内サービスについて、設備面は私は特に不満はありませんでした。
人的サービス面も特に不満はなかったですね。皆さん感じがよかったし。
ただ全体的に「こまやかさ」はないのかな… 特にJALやANAと比べると。
でもそれはもはや好みの問題ではないかと思います。
私はこまやかな気配りをしてくださる日系エアのCAさんも好きですが
カジュアルな雰囲気のデルタ航空のCAさんも好きです。


というわけで、デルタ航空のマイル、貯めることにしました♪
有効期限がないので気長に貯めてマイルだけで遊びにいこう♪

2014.09.21

テレチャージの話その3-2014年9月NYCの旅:4-

こんなこと知りたいヒトいるのかな…と思いつつテレチャージ話の続きです。

テレチャージでチケットを購入するとすぐに確認メールが届きます。
そこで「もうキャンセルも払い戻しもしないからねっ」と脅されます。
さらに「アンタのクレジットカード会社がダメって言ったらこっちは勝手にキャンセルできるんだからねっ」と脅されます。
そして付け足しのように「e-ticketsは一両日中に別のemailに添付してお送りいたしますね♪」と案内があります。
…てれちゃーじさんコワイ(;_;)

さて、以下、「一手間で済まないテレチャージ」の記録。

1回目。日程に余裕がありまくりのオペラ座チケ購入。
確認メール後、一両日中どころか数時間でe-tikectsが届く。
「うほ。便利。すげー。さすがアメリカ(?)」と感動する。
味を占める。
油断する。

2回目。まだまだ日程に余裕があるレミゼチケ購入。
確認メール後、丸々1週間経ってもe-ticketsが届かない。
これは「クレジット会社がダメって言ったからキャンセルするからね」パターン?
別にブラックリスト載ってるわけじゃないのだが…
電話番号の登録が、「カード会社→自宅」「テレチャージ→携帯」と違っているせい?
などと小市民として焦りまくる。

文法・語彙ともに難アリだけれど言いたいことは通じる「ハズ」の英語で問合せメール。
連絡先はこちら(2014年9月現在。送信前にご確認くださいね。)→tickets@telecharge.com
ちなみに問合せはオーダー番号があれば事足ります。と思います。
でもオーダー番号ないといろいろと面倒だと思うのできちんと控えることをお勧めします。
その数時間後にe-ticketsが届く。
さらに。その数時間後に「ごめんね♪これからe-tickets送るね♪」メールが届く。
もう届いてるから。
順番逆だから。
でも一安心。

3回目。出発1週間前のオペラ座&レミゼチケ購入。

先に言い訳。
なんでこんな間際にテレチャージでチケットを買ったのかといいますと…
私のNY滞在期間が年に2回あるらしい「Broadwayweek」にぴったりはまっていたのです。
これは、「1枚のチケット代金で2枚のチケットが買えちゃうよ♪」という太っ腹企画。
ミュージカル好きな人にはありがたくてたまらない企画ですよね。
今回は9/1~9/14がその期間で8月の中旬からチケット販売は始まっていたのです。
ただ、私がとんでもない勘違いをしていて直前になるまで自分がこのチケを買えると思っておらず…
渡米1週間前になって慌てて購入を決めたのでした。


オペラ座とレミゼ、一気に購入。
どちらも確認メールはすぐに届く。
正直、チケットはすぐに届かないだろうと思っていたが、
催促すればその日のうちに来るから出発にはなんとか間に合うよね、と踏んだ。
2~3日待ったけれどやっぱり来ない。
なので前回の怪しい英語問合せメールをコピペ&一部改良(???)して送信。

さてここからだよ、面倒だったのは。
オペラ座のチケ(9/5イブニング)は数時間後に届く。
今度はちゃんとごめんねメール→チケットメールだった。
でもレミゼ(9/6マチネ)は届かない!
なのでごめんねメールをくれた担当者らしき人宛に
「あなたのおかげでオペラ座のチケは届いたのだけれどレミゼのチケが届いていないの。
お手数なんだけれどもう一度確認していただけないかしら?」
とかなんとか、英語が苦手なくせにアメリカっぽいフレンドリーさを醸し出そうとして失敗したメールを送信。
この100%ジャパニーズイングリッシュなくせに馴れ馴れしい雰囲気がいけなかったのかなんなのか
さらに1日待ってもうんともすんとも返事がこない。
さすがにあと2日で出発なのでこれは本当に焦る。
最悪NYのホテルでプリンターを借りればいいとは思いつつ、できるだけ余計な負担はなくしたい。
…これは…電話するしかないのか…

テレチャージには素晴らしいことに「日本語対応電話受付」があります。
それだけ日本からチケット購入する人も多いってことなのでしょうか。
ただ、日本語受付はなかなか繋がらない、という体験談をwebで読んだのでどうしたものかと。
とりあえず一度挑戦してみてダメだったら思い切って通常の受付に電話することに。


で、日本時間で9/3の朝6時にテレチャージに電話。
正直、留守電対応になると思っていたのだがあっという間に繋がってしまった…(汗)
対応してくれたのは日本人ではなくて声の印象から黒人系のお兄さんではないかと勝手な推測。
もちろん、すべて日本語で通じる。
詳細なやりとりは省いて結論だけ。
「翌日までチケット待て!」とおあずけをくらった犬のように言われたが、結局、数時間後に無事に届いた。
やればできるじゃん!(上から目線すぎ)
いやいや、きっと急いで対応してくださったのですね。感謝。

というわけで、e-ticket取るのもなかなか大変だよ♪というお話でした。
時間に余裕がないオーダーをした自分がいけなかったのでは?とか
will call にしとけばよかったのでは?とか
色々反省点はありますが、ま、何事も経験ですよ。
多分、次回もe-ticketにすると思います。
ちっとも反省してませんね。
でも現地でトラブルになってあれこれいうよりメールでやり取りするほうがまだマシだと思うのです…


あとどうでもいいけれど、テレチャージからのメールって「Dear Telecharge.com patron」って始まるので
「うほ。私ってばパトロンですよ!パトロン!」とかちょっと気分がよかったのですが…
そんなヤツは私だけでしょうか…ふふふ…Orz

さらにどうでもいいけれど、電話でのやりとりを追記してみました。
思い出せる限りですべてのやりとりを載せたので無意味に長いです(^▽^;)
興味があるという方はお立ち寄りくださいませ。

続きを読む


Posted at 14:00

category | Sep_2014_NYC
tags |

| COMMENTS(2) |

↑page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。