--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Posted at --:--

category | スポンサー広告
tags |

|

↑page top

2014.12.21

レミゼとビリーエリオット

ビリー・エリオットミュージカルライブで
ウィルキンソン先生を演じている
ルーシー・ヘンシャル(RUTHIE HENSHALL)さんが
レミゼの10周年記念コンサートでファンティーヌを演じていた方だと知って
びっくりしている。

まだDVDを手に入れてないので例によってよーつべで見てみたのだが
(本当に便利ですね。ありがたいですね。)
そう言われてから見てみれば確かに面影が…
でも、全然わからなかった…orz

私の勝手なイメージなのだけれど
レミゼやオペラ座のように「歌」を全面的に打ち出している作品で
活躍している役者さんは
ビリーエリオットのような「踊り」がメインとなる作品には出ない気がしていた。


役者さんてすごいなぁ…
でも私はウィルキンソン先生の方が好きかなぁ…
とか考えつつ、今もよーつべでレミゼ流している。
で、10周年記念コンサートは素晴らしいのだが
やっぱり私は25周年のラミンアンジョが好きだ!とか思ってる。







スポンサーサイト

2014.08.25

"I'm here"その1

映画版のレミゼ。
私は好きです。

ミュージカルの舞台版を見たりblu-rayの特典で監督の裏話(?)など聞くと
だいぶ歌の省略があるようでそこは残念なのですが
配役や役者さんの歌などにはいたく満足してます。

とりあえずアン・ハサウェイの丸坊主と「I dreamed adream」は反則技。
個人的にはダニエル・ハトル・ストーンを超えるガブはいないと認定。
(これと25th記念コンサートしか見てないのに決め打ちするのもなんなんですが。)
ここでは二人しかあげてませんが他の役者さんも素晴らしいと思います。

コルムさんのことを知ってから映画を見直すと登場シーンだけで泣けてくるし。
(コルムさんは舞台版レミゼのオリジナルキャスト、ジャンバルジャンです。)
フランシス・ラッセルは記念コンサートを見てからとても気になる女優さんです。
ハドリーは何も知らないで見たときから「このヒトめっちゃいい声」って思ってたし。
あ、サシャ・バロン・コーエンのテナルディエはちょっと色男すぎますかね。
でも卑劣な男なのはよく伝わってきてたしな。

と、全般的に好きな映画なのですが
では「この映画の中でどのシーンが一番好きか」というと
「a Little fall of rain」でマリウスがエポニーヌにささやく"I'm here"のところだったりします。


(この映像の2分31秒あたり)

ピンポイント過ぎますか?
せめて歌単位にしろよ!という感じですか?
でもここが好きなんですよ。
マリウスがきゅっとエポニーヌを抱き寄せるときの表情が好きなんです。
エディ・レッドメインの表情づくり、他のシーンでもいいなーと思うこと多いです。

おまけになりますけれど
この後のアンジョの頬を涙とも雨ともつかないしずくがつたうところも好きです。
(3分14秒くらい)
あとは本気でどーでもいいんですが
マリウスがエポニーヌの額にキスをするとき鼻が押し当てられて折れたようになるところも好きです。
(3分10秒くらい)
まぁエディの鼻が高いのがいけないんだと思います♪


Posted at 23:40

category | Les Misérables
tags |

| COMMENTS(0) |

↑page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。